落とし物をしたときはまずこれを確認しましょう!

kubota
スポンサーリンク
スポンサーリンク
落とし物をしたときはまずこれを確認しましょう!

#弁護士YouTuber
◇落とし物検索
https://www.npa.go.jp/bureau/safetylife/consultation/ishitsubutsulink.html

■ベリーベスト法律事務所ホームページ
https://www.vbest.jp/

■Twitter 
https://twitter.com/ouraroom?lang=ja

■メールアドレス 
yutorilaw@gmail.com

■kubotaのプロフィール
弁護士法人ベリーベスト法律事務所
弁護士 久保田康介(兵庫県弁護士会所属)

コメント

  1. くぼたん、に😊

  2. よん

  3. 警察からの案件(°▽°)

  4. 財布落としたので、使えそうですね。

  5. このサイトは便利だねー😊
    でも、落し物しないように気を付けよう!

  6. これは良い、今の時代だからこそできるサービスですね

  7. 落とし物したのが夕方以降の場合、落とし物が届いていても、その落とし物がオンラインで登録されるのは
    次の日に警察署の会計課が開いて、なおかつ夜勤の警官が警察署に夜勤を終えて戻ってきて会計課に提出して現物が集まる時間。
    つまり次の日の昼頃までかかる。
    結局、気づいたら落とした場所から一番近い交番に行って遺失物届を出すのが正解。
    遺失物届を交番で出すと、本署に電話をその場でかけてくれるから、その警察署の管内の落とし物と即時に照らし合わせてくれる。
    その交番に財布が届いてなくても、同じ管轄内の他の交番にさえ届いていればその場で手元に戻ってくる。
    記名品のない黒の財布とかだとオンライン登録されたところで特徴なさ過ぎて全く検索にひっかからないけど、落とした管内の交番に届けられていれば、
    名前がわかるものがはいっていなくても、たとえそれがむき出しの現ナマだったとしても、拾ってきた人と直接詳しい話を聞いている警官の判断で、
    拾った状況や財布の細かい特徴と落とした本人の話の辻褄があっていれば返却してもらえる。ただしその判断は巡査部長以上の人が立ち会って承認してくれないとダメ。
    でも結構返してもらえる。
    もちろん次の日にはオンラインの方とも警察の会計課の人がもう一度照らし合わせてくれるし、その後もずっと照会しつづけてくれる。
    つまり遺失届出せって話。
    ちなみに遺失届をだすと控えの番号もらえるので、それ以降は署に電話かけて「○○○○番の落とし物届きましたか?」って聞くだけで済む。
    まぁ、ほっといても見つかったらかかってくるけど、自分が携帯の電話番号変えたりしてもそれ以降はこちらから電話かけてチェックできる。

youtuber動画まとめアンテナ